恋スキャ

恋スキャFXのロジックで勝てるの?

たくさんある恋スキャの検証ブログの中から、私のブログを選んでいただいてありがとうございます。

 

 

このブログでは、実際に恋スキャを実践してみて、ロジックがどれくらい使いやすいのか?すぐに身に着けられるのか?

 

っていうのを体当たりで検証した結果と、相場で勝つために絶対に心得ておくべき鉄則について話をしていきます。

 

 

まず、勝てるトレーダー・負けるトレーダーを決定的の違いを一つ上げると、

 

 

トレンドをきちんと把握できているかどうか。

 

 

があげられます。

 

 

負けるトレーダーは、トレンドを把握できているつもりでよくわかっていないことが多いです。

 

 

中には、わかっているのに、何度か負けてしまった後に、感情的になってしまい、トレンドの方向確認がずさんになってしまい、

 

それがまた悪循環を招く人もいますので、どんな場合にでもトレンドの方向をしっかり把握することが重要です。

 

 

あなたも耳にタコができるくらいトレンド重要性についてみたり聞いたりしてきたんじゃないかと思いますが、

 

ここでもう一つ、勝てる人・負ける人の違いを上げると、

 

 

トレンドがほとんど出ていない相場とトレンドが出ている相場をきちんと区別できて、トレンド判断があいまいな場面ではトレードしない。

 

 

といったメリハリを持てているかどうかです。

 

 

トレードでは、大きく分けてレンジ相場・トレンド相場の2つがあり、恋スキャではこの2つの相場の両方に合わせてトレードをすることができますが、

 

実際には、レンジ相場なのかトレンド相場なのか判断に迷うチャートってよくあるんですね。

 

 

そんな時にきちんと待てるかどうかが恋スキャを実践するうえでも非常に重要で、

 

恋スキャで用意されているトレンド判断ツールをきちんと使いこなせるようになることが、あなたがFXで勝てるようになるかどうかを大きく左右する要因となります。

 

 

 

 

ボリンジャーバンドの中を動く値動きを的確にとられて利益に変えていく恋スキャをこのブログ限定特典付きで手に入れるにはこちら

 

 

恋スキャFXで勝つコツ

恋スキャは、ボリンジャーバンドをうまく使った手法で、

 

トレンド相場でももちろん使えますが、レンジ相場のほうがより真価を発揮する手法です。

 

 

RSIやMACDを使って、ボリンジャーバンドからの反発を狙っていくやり方なので、

 

レンジ相場のように、同じような位置で行ったり来たりする相場だと、安定して利益を獲得しやすいです。

 

 

なので、勝率も割と高く保てると思いますが、どうしても負けてしまうのは、レンジ相場が破られてトレンド発生したケースなどですね。

 

 

この場合には損切りをしなくちゃいけませんから、淡い期待を持つことなく、スパッと損失を確定させる必要があります。

 

 

負けるトレーダーって、各トレードごとにこだわりすぎるあまり、負けることを極端に嫌う人が多いのですが、

 

FXはトレードをコツコツ続けていった結果、プラスにできるかマイナスで終わってしまうのか?が重要なので、

 

各トレードごとに真剣に取り組むことはもちろん重要ですが、勝ち負けにあまりとらわれすぎないようにすることも忘れてはいけません

 

 

恋スキャでは、損切りルールがしっかりと定義されていますので、そのルールを自分で捻じ曲げてしまわない限り、大きな損失を発生させる心配はありません。

 

 

トレードではエントリーよりも決済のほうが随分と難しいのですが、恋スキャではエントリーよりも決済のほうが、

 

あいまいな部分が非常に少ないので、実際にトレードをしてみると、非常にやりやすいと感じると思いますよ。

 

 

恋スキャで学んでほしいのはあと、資金管理の正しいやり方ですね。

 

 

勝てないトレーダーは資金管理もずさんで勝ててない人が良くいますから、じっくりと、ポジション量の調整について学んでおくことは、この先に、思わぬけがをするのを防ぐことができるはずです。

 

 

以上で私の検証結果となりますが、最後にあなたために用意をしたプレゼントを紹介します。

 

小さく負けて大きくかつトレードの鉄則をあなたも再現できるようになる恋スキャを、誰よりも有利な条件で使い始めるにはこちら